文字サイズの変更
背景色の変更
本文表示
         content

PDFダウンロード

国土交通省四国地方整備局高知河川国道事務所が発注する一般土木工事の入札参加業者に対する件

独禁法7条の2

平成24年(納)第44号

課徴金納付命令

納付命令番号 納付義務者 納付すべき課徴金の額
(万円)
備考
(関係審決)
平成24年(納)第44号 高知市針木東町27番28号 ミタニ建設工業株式会社 代表取締役 三谷 剛平 4750万円
平成24年(納)第45号 高知市南久保4番47号 入交建設株式会社 代表取締役 三谷 斉 3865万円
平成24年(納)第46号 高知市南宝永町19番11号 福留開発株式会社 代表取締役 大場 智公 3651万円
平成24年(納)第47号 高知市日の出町2番12号 四国開発株式会社 代表取締役 中村 考男 3247万円
平成24年(納)第48号 高知市萩町一丁目5番13号 株式会社轟組 代表取締役 吉村 文次 3010万円
平成24年(納)第49号 高知市縄手町40番地4 株式会社上岡工務店 代表取締役 上岡 武司 2164万円
平成24年(納)第50号 高知市南はりまや町二丁目228番地 ジョウトク建設株式会社 代表取締役 常徳 和男 2095万円
平成24年(納)第51号 高知県南国市十市3149番地 南国建興株式会社 代表取締役 鍋島 理恵 1973万円
平成24年(納)第52号 高知市高須新町三丁目5番1号 東山建設株式会社 代表取締役 東山 瑞穂 1959万円
平成24年(納)第53号 高知市潮新町二丁目12番32号 須工ときわ株式会社 代表取締役 國藤 浩史 1777万円
平成24年(納)第54号 高知市稲荷町1210番地 藤本建設株式会社 代表取締役 松村 高明 1677万円
平成24年(納)第55号 高知市九反田5番8号 新進建設株式会社 代表取締役 小川 裕司 1490万円
平成24年(納)第56号 高知県高岡郡四万十町古市町7番34号 株式会社生田組 代表取締役 生田 嗣夫 1423万円
平成24年(納)第57号 高知市桜馬場8番20号 株式会社晃立 代表取締役 嶋﨑 勝昭 1275万円
平成24年(納)第58号 高知市九反田13番11号 協業組合竹内・新輝 代表理事 森田 純生 1169万円
平成24年(納)第59号 高知県南国市大埇甲1410番地1 クロシオ建設株式会社 代表取締役 常徳 祐一 1145万円
平成24年(納)第60号 高知市春野町東諸木2669番地 久保建設株式会社 代表取締役 川﨑 眞一郎 1112万円
平成24年(納)第61号 高知市仁井田4563番地1 関西土木株式会社 代表取締役 西川 一延 1032万円
平成24年(納)第62号 高知市仁井田1625番地2 大旺新洋株式会社 代表取締役 尾﨑 憲祐 455万円

平成24年(納)第44号
課 徴 金 納 付 命 令 書

高知市針木東町27番28号
ミタニ建設工業株式会社
同代表者 代表取締役 三 谷 剛 平

公正取引委員会は,上記の者に対し,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独占禁止法」という。)第7条の2第1項の規定に基づき,次のとおり課徴金の納付を命ずる。
1 納付すべき課徴金の額 4750万円
2 納期限 平成25年1月18日
3 課徴金に係る違反行為
ミタニ建設工業株式会社(以下「ミタニ建設工業」という。)は,別添平成24年(措)第10号排除措置命令書(写し)記載のとおり,他の事業者と共同して,別紙1記載の工事(以下「高知河川国道事務所発注の特定一般土木工事」という。)について,受注すべき者(以下「受注予定者」という。)を決定し,受注予定者が受注できるようにすることにより,公共の利益に反して,高知河川国道事務所発注の特定一般土木工事の取引分野における競争を実質的に制限していたものであって,この行為は,独占禁止法第2条第6項に規定する不当な取引制限に該当し,独占禁止法第3条の規定に違反するものであり,かつ,独占禁止法第7条の2第1項第1号に規定する役務の対価に係るものである。
4 課徴金の計算の基礎
(1)ア ミタニ建設工業は,高知河川国道事務所発注の特定一般土木工事を請け負う事業を営んでいた。
イ ミタニ建設工業が前記3の違反行為の実行としての事業活動を行った日は,平成20年12月5日以前であると認められる。また,ミタニ建設工業は,平成23年12月6日以降,当該違反行為を取りやめており,同月5日にその実行としての事業活動はなくなっているものと認められる。したがって,ミタニ建設工業については,前記3の違反行為の実行としての事業活動を行った日から当該違反行為の実行としての事業活動がなくなる日までの期間が3年を超えるため,独占禁止法第7条の2第1項の規定により,実行期間は,平成20年12月6日から平成23年12月5日までの3年間となる。
ウ ミタニ建設工業は,入交建設株式会社及び株式会社轟組と共同して,前記実行期間を通じ,高知河川国道事務所発注の特定一般土木工事について,当該工事の受注を希望する他の事業者からなされる受注の希望を受けて,当該受注の希望状況,各工事の施工場所,過去に受注した工事との継続性,過去の受注実績等を勘案して,当該事業者に対し,受注予定者となる者を指定していたものである。したがって,ミタニ建設工業は,独占禁止法第7条の2第8項第2号に該当する事業者である。
エ 前記実行期間における高知河川国道事務所発注の特定一般土木工事に係るミタニ建設工業の売上額は,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律施行令第6条第1項及び第2項の規定に基づき算定すべきところ,これらの規定に基づき算定すると,前記3の違反行為のうち私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律(平成21年法律第51号)の施行日である平成22年1月1日(以下「施行日」という。)前に係るものについては,別紙2(1)記載の物件に係る3億2854万5000円であり,前記3の違反行為のうち施行日以後に係るものについては,別紙2(2)記載の物件に係る5億7267万円である。
(2) ミタニ建設工業は,前記実行期間を通じ,資本金の額が3億円以下の会社であって,建設業に属する事業を主たる事業として営んでいた者である。したがって,ミタニ建設工業は,独占禁止法第7条の2第5項第1号に該当する事業者である。
(3) ミタニ建設工業が国庫に納付しなければならない課徴金の額は
ア 前記3の違反行為のうち施行日前に係るものについては,独占禁止法第7条の2第1項及び第5項の規定により,前記3億2854万5000円に100分の4を乗じて得た額
イ 前記3の違反行為のうち施行日以後に係るものについては,独占禁止法第7条の2第1項,第5項及び第8項の規定により,前記5億7267万円に100分の6を乗じて得た額
を合計した額から,独占禁止法第7条の2第23項の規定により1万円未満の端数を切り捨てて算出された4750万円である。
平成24年10月17日

公 正 取 引 委 員 会

委員長代理委員  濵  田  道  代

委     員 小 田 切  宏  之

委     員  幕  田  英  雄

別紙1

国土交通省が,四国地方整備局高知河川国道事務所において,一般競争入札の方法により一般土木工事として発注する工事であって,国土交通省から,四国地方整備局において,一般土木工事についてCの等級に格付されている者又は経常建設共同企業体(平成20年8月15日から平成22年6月30日までの間にあっては,Bの等級に格付されていた株式会社竹内建設を含む。)のみを入札の参加者とするもの

別紙2
課徴金算定対象物件一覧
(1) 施行日前に係る物件
番号 工事名 契約日
1 平成20―21年度 波介川掘削工事 平成21年3月2日
2 平成21年度 新仁淀川大橋下部(その2)工事 平成21年9月7日

(2) 施行日以後に係る物件
番号 工事名 契約日
1 平成21―22年度 岩積樋門改築工事 平成22年2月8日
2 平成22年度 吉川低水護岸(その1)工事 平成22年9月14日
3 平成22年度 南の谷排水機場補修外工事 平成22年9月22日
4 平成22―23年度 波介川下流掘削工事 平成23年3月10日


平成24年10月17日

PDFダウンロード

戻る 新規検索