文字サイズの変更
背景色の変更
本文表示
         content

PDFダウンロード

網走管内コンクリート製品協同組合に対する件

独禁法7条の2

平成27年(納)第1号

課徴金納付命令

納付命令番号 納付義務者 納付すべき課徴金の額
(万円)
備考
(関係審決)
平成27年(納)第1号 會澤高圧コンクリート株式会社 北海道日高郡新ひだか町静内中野町一丁目13番8号 代表取締役 會澤 祥弘 1452万円
平成27年(納)第2号 株式会社横山土建 北海道網走郡美幌町字稲美212番地 代表取締役 横山 直樹 1215万円
平成27年(納)第3号 株式会社旭ダンケ 北海道旭川市東鷹栖東三条四丁目2163番地 代表取締役 山下 裕久 1121万円
平成27年(納)第4号 太平洋建設工業株式会社 北海道釧路市末広町六丁目1番地 代表取締役 髙木 明 1059万円
平成27年(納)第5号 株式会社渡辺組 北海道紋別郡湧別町中湧別南町929番地の1 代表取締役 渡辺 博行 611万円
平成27年(納)第6号 坂井コンクリート工業株式会社 北海道北見市川沿町124番地の4 代表取締役 坂井 幸司 401万円

平成27年(納)第1号
課 徴 金 納 付 命 令 書

北海道日高郡新ひだか町静内中野町一丁目13番8号
 會澤高圧コンクリート株式会社
  同代表者 代表取締役 會 澤 祥 弘

 公正取引委員会は,上記の者に対し,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(以下「独占禁止法」という。)第8条の3において準用する同法第7条の2第1項の規定に基づき,次のとおり課徴金の納付を命ずる。
 なお,以下の用語及び別紙1中のうち,別紙2「用語」欄に掲げるものの定義は,別紙2「定義」欄に記載のとおりである。

1 納付すべき課徴金の額 1452万円
2 納期限 平成27年4月15日
3 課徴金に係る違反行為
 網走管内コンクリート製品協同組合(以下「網走協組」という。)は,別添平成27年(措)第1号排除措置命令書(写し)記載のとおり,独占禁止法第2条第2項に規定する事業者団体に該当するところ,別紙1記載のコンクリート二次製品(以下「特定コンクリート二次製品」という。)について,需要者ごとに見積価格を提示し契約すべき者として組合員及び賛助会員のうち1社を割り当て,その販売価格に係る設計価格からの値引き率を制限する決定をすることにより,特定コンクリート二次製品の販売分野における競争を実質的に制限していたものであって,この行為は,独占禁止法第8条第1号(不当な取引制限に相当)に該当し,独占禁止法第8条の規定に違反するものであって,独占禁止法第8条の3において準用する独占禁止法第7条の2第1項第1号に規定する商品の対価に係るものである。
4 課徴金の計算の基礎
(1)ア 會澤高圧コンクリート株式会社(以下「會澤高圧コンクリート」という。)は,特定コンクリート二次製品の製造業を営んでいた。
イ 網走協組は独占禁止法第8条の3において読み替えて準用する独占禁止法第7条の2第1項の事業者団体に該当し,會澤高圧コンクリートは同項の特定事業者に該当する。
ウ 會澤高圧コンクリートが前記3の違反行為の実行としての事業活動を行った日は,網走協組が前記3の決定を組合員に実施させた平成24年7月1日であると認められる。また,網走協組は,平成26年5月26日以降,前記3の違反行為を取りやめており,同月25日に會澤高圧コンクリートの当該違反行為の実行としての事業活動はなくなっているものと認められる。したがって,會澤高圧コンクリートについては,独占禁止法第8条の3において準用する独占禁止法第7条の2第1項の規定により,実行期間は,平成24年7月1日から平成26年5月25日までとなる。
エ 前記実行期間における特定コンクリート二次製品に係る會澤高圧コンクリートの売上額は,私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律施行令第5条第1項の規定に基づき算定すべきところ,当該規定に基づき算定すると,3億6317万1604円である。
(2) 會澤高圧コンクリートは,前記実行期間を通じ,資本金の額が3億円以下の会社であって,製造業に属する事業を主たる事業として営んでいたものである。したがって,會澤高圧コンクリートは,独占禁止法第8条の3において読み替えて準用する独占禁止法第7条の2第5項第1号に該当する者であり,同項の規定の適用を受ける特定事業者である。
(3) 會澤高圧コンクリートが国庫に納付しなければならない課徴金の額は,独占禁止法第8条の3において準用する独占禁止法第7条の2第1項及び第5項の規定により,前記3億6317万1604円に100分の4を乗じて得た額から,同条第23項の規定により1万円未満の端数を切り捨てて算出された1452万円である。
平成27年1月14日

公 正 取 引 委 員 会             

委員長 杉  本  和  行

委 員 小 田 切  宏  之

委 員 幕  田  英  雄

委 員 山  﨑     恒

委 員 山  本  和  史

別紙1

 オホーツク地区において販売されるコンクリート二次製品のうち,バンカーサイロ,橋桁,ボックスカルバート(道路土工-カルバート工指針,月刊建設物価及び月刊積算資料に記載されていない規格のものに限る。),護岸用コンクリート及び組合員又は賛助会員の各社独自の製品を除くもの

別紙2

番号 用語 定義
1 オホーツク地区 北海道オホーツク総合振興局の所管区域である北海道北見市,同網走市,同紋別市,同網走郡大空町,同郡美幌町及び同郡津別町,同斜里郡斜里町,同郡清里町及び同郡小清水町,同常呂郡訓子府町,同郡置戸町及び同郡佐呂間町並びに同紋別郡遠軽町,同郡湧別町,同郡滝上町,同郡興部町,同郡雄武町及び同郡西興部村
2 コンクリート二次製品 工場又は工事現場内の製造設備において,生コンクリートを型枠に流し込み,あらかじめ,成型,硬化させて製品化したものであって,道路,農業用排水路等向けのもの
3 設計価格 国土交通省北海道開発局,北海道等が予定価格の積算に用いるものとして公表しているコンクリート二次製品の単価

平成27年1月14日

PDFダウンロード

戻る 新規検索